自動車 買取 下取り 違い

買取と下取りの違い

自動車を買い替えた時にそれまで乗っていたものを下取りに出して、後から買取りに出したほうが高くついていたということを知って悔しい思いをしたことがある人はいるのではないでしょうか。

このように新しい自動車を購入した時に、それまで乗っていたものを引き取って貰う方法というのはひとつの店ですべての手続を済ませることが出来、乗り換えも楽であることから非常に利便性の高い方法になっています。

しかし、その一方でこの方法は引き取ってもらうものの査定額というのが、買取店から比べて大幅に安いくなってしまうということもあるのです。

このようなことがなぜ起きるかというと、中古の販売の専門店でもない限り、車を仕入れて販売をするということは本業ではありません。

そのため、下取りをする車も大雑把な相場しかわからないため、価値の高くなるオプションなどがついていたとしても、それが査定に影響しないということがあるのです。

また、そのように引き取った車を自ら販売するわけではありませんから、その店が自動車の売値を考慮して販売することができないため、高く買取をすることができないのです。

 

サイトマップ